シロアリ防除方法の一つ、ベイト工法の説明です。

ベイト工法

ベイト工法は、シロアリの「えさ」を持ち帰る習性を使って駆除する方法です。

まず、ベイトカップと呼ばれる容器を家の周りに埋設し、この中に薬剤を入れます。

この薬剤は脱皮をする昆虫にだけに効果を発揮する毒餌で、シロアリが巣に帰ると毒が効果を発揮し、巣ごとシロアリを駆除することができます。

使用している薬剤は臭いもなく、安全性も高いのですが、シロアリが巣にエサを持ち帰るかシロアリ次第なので、定期点検が長くなり、費用もかかります。

ヤマトシロアリは木の内部にコロニーを形成するため、ベイト工法による駆除では対処しきれない可能性もあります。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP